商品のこと

新商品の試作をしました

2008年02月04日

先週の2月1日金曜日、工場に行ってきました。
その目的は、新商品の試作です。

新商品を作る際は、大概1つのアイテムにつき6〜10パターン作ります。
下処理の方法で2〜5パターン、さらにそれらの殺菌温度及び殺菌時間を数パターン設定します。

これまでの経験則からそれぞれの方法や数値を導き出すのですが、一回目の試作で納得いくものが出来るのは極めて稀なことです。

 A.合格点
 B.限りなく合格点に近いもの
 C.あと数回は試作をする必要があるもの
 D.1から考え直さなければならないもの
 E.工場製品にはどうしても向いていないもの

1回目の評価を大きく分けると、この5点に絞られると思います。

カレーはカレーでもそれぞれに個性がありますので、その特長を見極めた上でどの方法が一番適しているのかを判断しなければなりません。

当然、試作前は出来上がりの予想をします。味、香り、食感、色などです。
試作品が完成すると、予想通りに出来上がっていることを期待して実際に試食を行うのですが、それがD.Eレベルだと心底落ち込みます・・・。

今回試作したアイテムは4アイテムです。嬉しいことに全てがB〜Cレベルで、あと数回の試作で完璧なものが出来ると信じています。


皆様から喜んでいただけるものを必ず作りますのでご期待下さい!!


営業部 植田



ホットな冬5

2008年01月28日

先日、当ブログ内で後輩から紹介を受けました、「ホット」な(?)植田です。
人によって評価は様々でしょうが、クールでない事には間違いありません。
昔から「クールで知的な男」に憧れていますが、そのイメージに近づけようといかに自分を装っても、生まれ持った性質というか性格ってなかなか払拭できないものです(苦笑)


しかし、ここ最近寒い日が続いていますね・・・。
なんとかこの状況を打破せねば!

そこで皆様にご提案です。
「辛いものを食べて新陳代謝を促し、心も体もホットになりましょう」

人気の企画商品「ホットシリーズ」が突如、今週から販売開始です。
「ホットカシミール」、「ホットコルマ」に併せて、この度は「食べ比べセット」
をご用意しました。一体、ホット商品ってどれ位辛いの?という疑問をお持ちの方、是非通常商品との違いを体験してみて下さい。

もちろん、ただ辛いだけではありません。お店でも常連のお客様がオーダーされる「隠れ」メニュー的な存在なのです。美味しくなければ、わざわざ特別なご注文はされません。
そのうちに「家でも食べたい」というお声が多く寄せられ、商品化されたものがこの「ホットシリーズ」です。


何度かオンラインショッピングでも販売してまいりましたが、その反響は我々の予想をはるかに上回るものでした。ただ、今までは「辛いもの=夏」というテーマに沿って販売時期を夏に限定していました。


今年は皆様に ホットな冬 をご提供いたします。


営業部 植田




デリーのこだわり5

2007年09月25日

稲穂







夏のダイレクトメール第2弾の
コラムに登場しました
"デリーのこだわりはカレーだけにあらず!”
お読み頂けましたでしょうか?
カレーのパートナーといえば白いご飯。
デリーでは創業時よりご飯に合うカレーを追求
してきましたのでご飯に対するこだわりはハンパな
ものじゃありません。
現在デリーで使用しておりますのは
北関東産(栃木県産)コシヒカリ100%です。
カレーに合うお米を追求した結果行き着きました!
ほど良い固さと甘みのベストバランスです。

デリーミッドタウン店では、何故かナンもご飯に負けず
人気があります。もちろんバターチキンやほうれん草のカレー
カラヒやキーマカレーなど現地スタイルの濃厚なカレー
には、ナンやチャパティもいいものです

片や、デリーオリジナルの
デリー、インド、カシミール、ベンガルなどの
トロミの無いカレーには、ぜひともご飯を
選んで欲しいのです。
ご飯に合うように出来てるのですから。
前もって説明させていただいても
そういったカレーにナン等をチョイスされたお客様
美味しく食べて頂けるのか心配で仕方ないんです。実は。

さてこの度、ご紹介しましたデリーの”栃木県産コシヒカリ”
の新米が入荷いたしました。
デリー通販にて10月一月限りの限定販売をいたします。

デリーファンの皆様、ぜひこのデリーのお米でデリーの
カレーを味わってみてください。
デリーのこだわりがより多くのお客様に理解して頂ける事を
祈っております。

"デリーのお米”販売のお問い合わせ 03−3813−0038

U.T


ハウス×デリー

2007年07月30日

ミラのブログでもお伝えしましたが、ハウス食品様からレトルトカレー「デリープレミアムレシピ」が8月6日より全国にて発売されます。

ビーフマサラカレーとチキンマサラカレーです。

ハウスレトルト






その経緯はミラのブログに載っていますので、ご興味のある方はご一読下さい。

この商品について、デリーはアドバイザー的な役割を担ってきました。
その他の製造から販売、また箱のデザインなどは全てハウス様です。
デリーでは販売致しませんので、スーパーまたはコンビニにてお買い求め下さい。

「ハウスの技術力」と「デリーのノウハウ」が掛け合わされたレトルトカレーを是非お召し上がりいただければと思います。

カレーと言えば、日本では欧風カレーがまだまだ人気を誇っていますが、インドカレーの普及に少しでもお役に立てれば、私達も嬉しく思います。

営業部 植田


ガラマーチャうどん食後感想文5

2007年07月25日

ガラマーチャうどん、みなさん
食べてごらんになりました?

私キーマカレーうどんは、試食済み。
美味しく食べたのですが、どんぶりで
食べたせいか、はねてはねて!!!
みなさんも、器には気をつけてくださいね。
キーマは、ぜったいお皿でたべてください

ところで水沢うどんのいただき方ですが
ここで手をぬくと失敗します。
昨日、5人前のうどんを手持ちの鍋で1度にゆでたのですが
鍋が小さかったー
もうゆで汁は粘度を増し、うどんが鍋からあふれんばかり。
10分ゆでてもなにやらかたーい感じ。(説明書には、5分とあります)
お鍋が小さいから時間がかかるのかなーと思ってたら
いつ火をとめていいのかわからなくなってしまいました。
流石に火をとめ、ザルにあげました。
ここで水にさらしたいのをじっとがまん。
あくまでもアツアツでなければいけません。
しかし、水沢うどんの特色として塩がきつめです。
しょっぱいなあ、どうしよー????
再び温水にて、洗い上げることに。
そんなことをしているうちにうどんはすっかりウェルダン。

別鍋であたためたガラマーチャソースをうどんにかけ
きざみねぎをあしらってようやく食することに。
(うどんは、大丈夫か???)

やっぱりカシミールですね。意外とうどんに合いますね。
また、皮付き豚が5枚位?たっぷり入っていて嬉しい
豚肉もやわらかくて美味しい。ベストマッチです。
普通カレーうどんというと最後は飽きてしまうのですが
カシミールベースのおつゆが食欲をそそり
飽きることなく完食いたしました。大満足。

ガラマーチャうどんまだ未経験の方?だまされたと
思って食べてみてください。

その折は、くれぐれも大鍋にたっぷりのお湯で
うどんは、すくなめに泳ぐようにゆでてくださいね。
ゆで時間は守り!しこしこ硬いぐらいのが水沢うどんの
正しい食べ方だそうです。
ガラマーチャの汁は、丼に結構残ります。
そこへご飯を投入して1度で2度美味しく食べる方法
耳にしました!なるほど・・・・

お客様の声ぜひお聞かせ下さい。
甘辛のご意見、首を長くしてまってまーす!

U.T





職人技の結合体 開発秘話最終章

2007年06月15日

あれをやってもダメ、これをやってもダメとあきらめかけていた時、我が社長である田中が一言発したのです。
豚肉は皮付きを使用して、皮はこんがり焼き、肉は○○○○(料理法の一つ。企業秘密ということでご了承下さい)してトロトロ感を出してみてはどうだろうか。

常日頃、料理に関しての情報を収集し、それらを知識として頭に叩き込んでいる社長ならではの提案でした。
己の「職人」魂がふつふつと湧き出てきたのでしょう。

実際にその通りにやってみると、トロ〜トロ〜とした食感で豚本来の旨みも凝縮されていて美味しいこと。

具体的なことは割愛させていただきますが、舞茸の食感もなんとか保つことが出来たことは言うまでもありません。
ちなみに舞茸は大澤屋さんの店舗で天ぷらとして出している高級品で、抜群の美味しさです。

そして、、お話をいただいてから約半年、食材、技法、味にこだわり、商品開発に労力を費やしてきたカレーうどんがとうとう出来上がりました。
今まで培ってきたノウハウや知識を総動員した賜物と自負しています。

一切の妥協を許さない、良い意味で頑固な「職人」が結集して作ったそのカレーうどんが当社より販売されます。
6月18日より8月末までの期間限定販売です。

(大澤屋さんでは既に販売されています。)

詳しくは、来週からアップされるオンラインショッピングをご欄下さい。
http://shop.delhi.co.jp/

是非この機会にお召し上がりいただけたらと思います。

Fin

営業部 植田


職人技の結合体 開発秘話PART35

2007年06月14日

まずは殺菌の熱処理で味にどのような変化が起きるのかを調べることにしました。

そこで、その道の権威で我々も日頃お世話になっている北川先生にお願いすることになりました。
北川先生は以前ミラのブログにも登場したことがありますが、HACCPインストラクターの資格をお持ちになり食品の品質管理について非常に詳しい方で、いわば「食品工業の職人」であります。

味を変えないで日持ちをさせるという命題に対して、我々は殺菌温度および殺菌時間の組み合わせを何通りか設定し、実際に試食して一番良い設定方法を見つけ出すということから試みました。
温度が5℃、時間が5分違うだけでも風味や見た目は変わってしまうものなんだなと理論的には分かっていたつもりでも、実際に体験してみてつくづく実感しました。

試作の都度、サンプルを大澤屋さんに送り試食してもらい、お互いの感想や改良点について討議しました。

結局、十数通りは試みたでしょうか。始めてから二ヶ月ばかり過ぎた頃、風味にも見た目にも納得できる設定数値を見つけ出すことに成功しました。
キーマカレーはある程度の熱を入れてもダメージを受けることは無かったので常温流通も可能ですが、カシミールカレーに関してはかなりの影響を受けるので、結局殺菌の設定を低めにして冷蔵品とすることにしました。
なんと言っても味重視です。

そして次に我々に突きつけられた難題は、食感でした。
キーマカレーは舞茸を、カシミールカレーは豚肉を具材にトッピングしています。
殺菌熱を加えることで食感にも影響が出てきます。

風味は良いんだけど、食感に納得できない。そこは職人同士、互いにプライドが許せないのです。
舞茸のしゃきっと感、豚肉のトロトロ感をどう出すか。
これについても何度も試行錯誤を重ねました。しかし、うまくいかない。

さて、どうするか・・・。

To be continued

職人技の結合体 開発秘話PART25

2007年06月13日

うどんに合うカレーはなんだろう。と頭を悩ませていた頃と同じくして、大澤屋さんも色々と考えていらっしゃたようです。
大澤屋さんの大河原社長、大野専務はデリーのカレーを片っ端から召し上がり、うどんに合いそうなものをセレクト。実際にうどんと組み合わせて試食することを何度も繰り返し、カレーを絞ったというのです。

そのご意見をお聞きして、我々も早速試食することに。
うまい!!しかもこんなカレーうどんは食べたことも見たこともない。まさに究極のカレーうどんです。
うどん本来のコシ、喉越し。つゆの風味。カレーの風味、スパイスの香り。
それぞれの特長が活かされ、きちんと主張している。かと言って互いに喧嘩をしている訳ではない。素晴らしい組み合わせだったのです。

そのカレーとは・・・キーマカレーカシミールカレーでした。

そして、第一弾としてキーマカレー、第二弾としてカシミールカレーをベースにした商品を出すということに決まったのです。

さて。。アイテムが決まったところで、これから先は「商品化」という我々に課された命題に取り組まなければなりません。
ポイントとして、
‘韻弧を保ちつつ
△△訥度保存がきくものであり
D翰の際に出来る限りお客様にお手間をかけさせない、つまり簡便性の追究 

という3つの課題が挙げられました。
初めはカレー、つゆ、具材をそれぞれ個別パッケージに包装して、お客様で調理していただくということを考えていました。しかし、うどんを茹でる(この茹で方にもこだわりがあり美味しく召し上がっていただく重要なポイントになります)作業もありますから、かなり大変です。
それらを一つにまとめれば、温めるだけで済みますので簡単ですし、うどんを茹でることだけに専念していただける、このように考え直しました。

問題は味です。
ある程度保存をきかすには、熱処理が必要になります。つまり殺菌です。熱を入れることにより、味の変化が起きてしまいます。
その過酷な条件に加えて、カレーとつゆ、具材を一つにしなければならないのです。スパイスもさることながらつゆの風味も繊細です。カレーとつゆを混ぜて熱を入れると、風味にどのような変化を及ぼすのか。

我々にとっては全くの未知の世界でした。。

To be continued

職人技の結合体 開発秘話PART15

2007年06月12日

一口に職人と言っても、畳職人・靴職人・パン職人・・・と数知れず存在します。
それぞれが独自の技を頑なに守り、決して己に妥協を許さない、そんなイメージを想像されると思います。
そう言えば、「良い仕事をしてますね」というフレーズも一時流行りましたね。
NHKの「プロジェクトX」も高視聴率番組と聞きます。各界でご活躍されている方々の仕事に対する熱意・考え方、もっと言えばその人の持つ人生観に視聴者は感動し、時に涙するのだと思います。
今やこのような番組が多いのも頷けますよね。

我々も言うなれば「カレー」職人。「餅屋は餅屋」ならぬ「カレー屋はカレー屋」です。。(笑)
美味しいカレーを作り、一人でも多くのお客様に喜んでいただき感動していただければ、こんなに嬉しいことはありません。

そんな「カレー屋」に昨年、思いもよらぬ話が舞い込んできました。

それは・・・題して「日本一のカレーうどんを作る」
日本三大うどんの一つと言われている「水沢うどん」の「大澤屋」さんと組んで、今までに無い最高のカレーうどんを世に送り出そう!!という、それはそれは夢にも思わなかった壮大かつ大胆な構想でした。

その夢を実現させるべく真剣に取り組もうとしたその矢先、ふと頭をよぎったものがありました。
そもそも、うどんに合うカレーってどんなカレー?しかも、デリーはインドカレーが中心です。
伝統ある由緒正しい【和】と【インド】のコラボレーション。
まさか、、、国境を越えたグローバルな視点までが求められるとは。。。

かくして、プロジェクトは始まったのです。。

To be continued

復活!ドライカレーファン倍増キャンペーン5

2007年02月26日

復活ドライカレーファン倍増キャンペーン


ドライカレーファンの皆様お待たせしました!
2年ぶりドライカレーファン倍増キャンペーンの登場です。
(期間3月1日〜4月20日迄)

ドライカレー6個セットがドライカレー4個分のお値段
プラス、ギフト箱、専用袋が6個分ついているので
ご自宅用もさることながらプレゼントに大好評です。
ちょっとした手土産として、ご挨拶がわりに、お友達に
ドライカレーペーストは、年齢男女を問わず喜ばれます。

おかげさまでデリー本社には、
”いただいたんですけどどこで売ってますか?”
というお問い合わせとっても多いんです。
嬉しいですね!
お客様が自信を持って薦めて下さるんですもの。

わたしもデリーの商品をよくお土産にしますが
カレー大好きという方にはもちろんカレー。
初めてお目にかかる方には迷わずドライカレーペースト
にしています。
ドライカレーペーストは間違いナイッ!

というわけでドライカレーペースト万歳マンセー!!
となってしまいましたが
ファンの方ぜひ今回お見逃しなく
出血覚悟のキャンペーンですのでなかなか出来ないんです

それから!
差し上げる時はぜひ作り方を教えてあげてくださいね
コツがありますから。

1。まず、ご飯は冷ご飯の場合電子レンジであらかじめチンすること。
  ご飯は温かいほうが長く炒めすぎず油の吸収もひかえられます。
2。一度に沢山炒めない。欲張ってたくさん一度に作ろうと思うと
  パラっといたまらず失敗します
3.ご飯のみ炒め、ペーストは仕上げにいれささっと混ぜるだけ。

たったこれだけなんですけど
ドライカレーペーストのお約束です!
守ってくださいね。

ドライカレーファン倍増キャンペーン
詳しくはホームページ3月1日号をごらんくださいませ。

U.T