食中毒に注意

2009年06月19日

国内の新インフルエンザどうなってるんでしょう?
世界的には、フェーズ6って?なんかすごいことになってるようですが。
関西のマスク騒ぎは、落ち着いたんでしょうか。
マスコミも煽りすぎですよね。まったく!

実は、先週より娘がひどい下痢と発熱でなかなか治らず
頭痛悪寒もひどく1週間近く苦しみました。
すわ!新インフルエンザかとあせったのですが
ノロウイルスによる腸炎とのことで一件落着。

季節の変わり目とまた彼女も公私ともに忙しかったせいか
疲れがたまり抵抗力もおちていたんでしょうかねえ。
同じものを食べている旦那さんは何ともないんですが。

かくいう私もお正月そうそう全く同じひどい目に合いました。
その時は、焼き鳥屋で食べたささみのいたわさが原因らしく
同席していた友人もその晩から発症。二人とも食中毒で
地獄を見ました。

鶏肉の生は、かなり危険らしくカンピロバクターという恐ろしい菌に
冒されやすいのだそうです。その時主人も一緒だったのですが
悪運強し。難を逃れました。
私と友人はその日、一日中、寒風吹きすさぶ中、
上野周辺で初詣をし精魂使い果たしていたのです。
可愛想に・・・しかしご利益なかったなあ。

以前、大好きな生牡蠣を食べた時も私一人ノロウイルスにやられ
主人はなんともないのです。なんなんでしょうかねえ。

とにもかくにも、美味しいものに目のないあなた。
”生もの”好きは、相当の覚悟で臨んだ方がいいでしょう。
比較的、牛、豚等の内臓はまだましとのことです。
屠殺後、すぐばらばらに解体するからですって。
鶏は小さいので同じまな板を使って処理することにより、
より汚染のリスクが高くなるそうです。
おお恐ッ!!

U.T

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔